手堅く安全な投資「みんなで大家さん」が人気です

土地があれば成り立つ経営

作業員

初期投資を抑えられる経営

不動産投資で気をつけることは初期投資をなるべく抑えることです。不動産投資といえばアパート経営やマンション経営ですが、新たに建てるとなるとかなりの資金が必要です。賃貸経営を始めても、家賃収入の何割かは借りた資金の返済に充てることになるので、収入が減ることになります。初期投資を抑えられる不動産投資としては、駐車場経営が最も適しています。建物の施工費用がかかりませんし、すぐに経営を始めることができます。駐車場経営で必要な施工といえば、路面をアスファルト舗装すること、車を置くスペースを区分けするといった程度です。それほど施工費を必要としないので、土地さえあれば駐車場経営が行えるのです。ただしマンション経営に比べるとトータルの収入は少なくなります。

狭小地でも成り立つ経営

アパートやマンションでも同じですが、駐車場経営を始める時には事前のリサーチがとても重要です。近隣に集合住宅が多いエリアなら駐車場の需要が多くなり、安定した経営を行うことができます。すでに周辺に既存の駐車場がある場合は、それらと差別化して新たな利用者を獲得する必要があります。例えば周辺に月極駐車場が多い場合は、あえて時間制のコインパーキングにするなどです。コインパーキングの場合はそれなりの施工費用がかかりますが、専門の会社と提携することによって安定した経営を続けることができます。商店街や都市部の中に狭小地を持っている場合でも、駐車場にすれば経営が成り立ちます。そのような立地では車1台分の駐車場でも需要があります。