手堅く安全な投資「みんなで大家さん」が人気です

不動産投資を目指すなら

マンション

立地も重要です

欧米人に比べると日本人は貯蓄することが多いようです。そのため、あまり投資に資金を注ぐ方は少ないと言われています。しかし、近年マンション投資などの不動産投資で収入を得ることがテレビや雑誌などでも取り上げられ、マンション投資をはじめて見ようという気になっている人も多くいます。マンション投資とは、不動産としてマンションを購入したのち、家賃収入を得たり、購入した金額よりも価値が上がったら売却し、その差額を売却益として得る方法を言います。しかし、初めて投資を行う方が独学で始めると失敗してしまう可能性があります。そのため、投資を決めたときは不動産業者やマンション投資の仲介業者に相談するようにしましょう。業者を選ぶときは、比較サイトを見てサービス内容を確認しておくと便利です。

リスクもあるので慎重に

マンション投資は株式投資などに比べると低リスクであり、家賃収入などで長期的に収入を得られやすいことから、節税対策で購入する人もいます。マンション投資では、立地が重要です。安いからといって盲滅法に購入しても、価値が上がらなかったり、入居者がいなければプラス収入になりません。立地と共に、建物の質のよさ・間取り・室内設備・管理人の有無などでも価値が代わります。特に都会や都市圏では入居者も多く、収益性が見込まれます。都会や都市圏ではワンルームマンション投資が多く、単身者向けに人気があります。地方から出てくる学生や、単身赴任者・独身向けのワンルームマンションは長期的にニーズがあり、空室リスクを下げることが出来ると考えられています。